SD295A,SD345,SD390
3つの規格

岸和田金属が業界屈指の技術ノウハウと生産力をもって提供する「TSKフープ」。
その材料や寸法など仕様をご案内いたします。
なお、TSKフープにはSD295AとSD345とSD390の3つの規格をご用意しています。

TSKフープの材料

TSKフープの材料として、JIS G3112鉄筋コンクリート用棒鋼に規定されたもののうち、SD295Aと390はD10・D13・D16を、SD345にはD10・D13・D16・D19を母材として使用。それぞれをアプセットバット溶接しています。

種類の記号 機械的性質
JIS
記号
降伏点
(N/mm²)
引張強さ
(N/mm²)
伸び
(%)
曲げ角度 内側半径
SD295A 295以上 440~600 16以上 90° D16以下 公称直径の1.5倍
SD345 345~440 490以上 18以上 90° D16以下 公称直径の1.5倍
D19 公称直径の2.0倍
SD390 390~510 560以上 16以上 90° D16以下 公称直径の2.5倍
種類の記号 化学成分(%) 呼び名・径
JIS
記号
C Si Mn P S 炭素当量  
SD295A - - - 0.050
以下
0.050
以下
- D10、D13、D16
SD345 0.27
以下
0.55
以下
1.60
以下
0.040
以下
0.040
以下
0.50
以下
D10、D13、D16、D19
SD390 0.29
以下
0.55
以下
1.80
以下
0.040
以下
0.040
以下
0.55
以下
D10、D13、D16

TSKフープの溶接原理

TSKフープは、以下のような状態で圧力をかけ、溶接を行います。公称直径の1.5倍

TSKフープの用途

TSKフープは、建築はもちろん、土木などの用途にも幅広く使用されています。

柱、梁、杭、橋脚 

TSKフープの寸法

  1. (1)フープの各部の寸法は、外寸とします。
  2. (2)各部の最大・最小寸法は、下表に示す通りです。
  3. (3)重量の算出は、テーブル計算によります。
  4. (4)製作できるのは閉鎖型のみとなります。フック等不可。
  5. (5)寸法表、形状例にない寸法・形状は、別途ご相談させていただきます。
  6. (6)▲=千葉工場では製作しておりません。

単位:mm

矩形 円形
最大 最小 最大 最小
(A+B)×2 短辺
(A)
長辺
(B)
D D
D10 6,000以下 110 300 1,000 330
D13 8,000以下 110 400 1,300 400
D16 8,000以下 150 400 1,300 450
D19(▲) 8,000以下 300 500 1,300 500
正方形の場合 最小寸法
D10 200×200以上 D13 250×250以上
D16 300×300以上 D19 400×400以上
(▲)

TSKフープの形状例