品質管理について

鉄筋コンクリートの建築物において骨格となる主筋を支えるフープ(せん断補強筋)の品質や精度は厳しく追求されます。岸和田金属では、安定した品質の製品を提供するために、化学成分や機械的性質だけでなく、寸法精度も含めて厳重な出荷基準を作り、管理を実施しています。また、2006年には本社工場でISO9001認証(2009年に2008年度版取得)を取得。今後も品質管理をより一層徹底してまいります。

フープの引張試験

「スーパーフープ(KH785)」は、厳格な品質管理体制のもと、最新の試験機器を駆使して引張試験などを行い、強度や伸びについて日本建築総合試験所の厳しい基準値をクリアしています。
「TSKフープ」 に関しても同様に日本建築センターの基準値をクリアしています。

D10
D13
D16
D19

評定・証明書

TSKフープ評定書
優良溶接せん断
補強筋製造会社
認定書
スーパーフープ(KH785)
認定書
スーパーフープ(KH785)
建築技術性能
証明書
認定・証明書のダウンロードはこちら
[PDFダウンロード]