スーパーフープ685(KH685)の性質や寸法について、データと共に解説します。

製品の種類機械的性質形状・寸法化学成分標準加工寸法折曲げ内法直径と余長フック付重ね継手に関して溶接原理重量の算出方法

製品の種類

記号 呼び名 製品
KH685 K10、K13、K16 溶接閉鎖型 フック付型

機械的性質

試験 降伏点
(N/mm²)
引張強さ
(N/mm²)
伸び
(%)
曲げ性
曲げ角度 内側半径
母材 685以上 860以上 10以上 180° 公称直径の1.5倍
溶接部 685以上 860以上 5以上 90° 公称直径の4.5倍
  1. 降伏点の値は上降伏点の指示値とする。降伏点が明確でない場合は0.2%耐力を採用する。
  2. 伸び測定の標点距離は公称直径の8倍とする。

形状・寸法

記号 呼び名 公称直径
(mm)
公称周長
(cm)
公称断面積
(cm²)
単位質量
(kg/m)
質量の許容差
KH685 K10 9.53 3.0 0.7133 0.560 ±6%
K13 12.7 4.0 1.267 0.995
K16 15.9 5.0 1.986 1.56 ±5%

化学成分

記号 C(%) Si(%) Mn(%) P(%) S(%) Cu(%) 炭素当量(%)
KH685 0.38以下 0.35以下 1.30以下 0.030以下 0.030以下 0.30以下 0.60以下
  1. 化学成分の値は、とりべ分析の値とする。
  2. 炭素当量(%)=C+Mn/6+Si/24+Ni/40+Cr/5+Mo/4+V/14

標準加工寸法

溶接閉鎖型(角形)

呼び名 周長
(最大寸法)
最小寸法
長方形 正方形
短辺(A) 長辺(B) 最小辺
K10 6,000以下 120 250 250
K13 8,000以下 150 450 300
K16 8,000以下 150 650 400

※標準加工精度は±5mmです。

単位:mm


フック付型

呼び名 周長
(最大寸法)
最小寸法
辺(L)
K10 6,000以下 250
K13 8,000以下 300
K16 8,000以下 400

※標準加工精度は±5mmです。

単位:mm


フック付閉鎖型

呼び名 周長
(最大寸法)
最小寸法
短辺(O) 長辺(P)
K10 6,000以下 250 300
K13 8,000以下 250 300
K16 8,000以下 300 400

※標準加工精度は±5mmです。

単位:mm


溶接閉鎖型(円形)

呼び名 周長
(最大寸法)
直径
短辺(O) 長辺(P)
K10 6,000以下 φ1,500 φ330
K13 8,000以下 φ1,800 φ400
K16 8,000以下 φ2,000 φ500

※標準加工精度は±5mmです。

単位:mm

折曲げ内法直径と余長

180°フック

内法直径 D=4d以上
余長 6d以上

135°フック

内法直径 D=4d以上
余長 6d以上

90°フック

内法直径 D=4d以上
余長 10d以上

※dは公称直径とする。

フック付重ね継手に関して

Fc
(N/mm²)
L1h
27〜30 50d
33〜39 45d
42以上 40d

Fc:コンクリートの設計基準強度
d: 基礎梁横補強筋の呼び名の値

溶接原理

スーパーフープ685(KH685)溶接閉鎖型の溶接方法はアプセット溶接となります。

アプセット溶接とは

母材を電極にクランプして、接合端面を突合させて通電、加圧しながら抵抗熱を発生させ、適性温度に達した時、強加圧して接合させる突合せ抵抗溶接法です。

重量の算出方法

  • 溶接閉鎖型
    = 2(A+B)×単位重量×個数
  • フック付閉鎖型
    = 2(O+P)×1.13×単位重量×個数
  • フック付型 (180°+180°)
    = (L+30d)×単位重量×個数
  • フック付型 (135°+90°)
    = (L+26d)×単位重量×個数
  • フック付型 (135°+135°)
    = (L+26d)×単位重量×個数
  • フック付型 (90°+90°)
    = (L+26d)×単位重量×個数
  • フック付型 (180°+135°)
    = (L+28d)×単位重量×個数
  • フック付型 (180°+90°)
    = (L28d)×単位重量×個数